院長コラム9

精神分析について

精神分析とは、S.フロイトが20世紀初頭に創始した人間の心のモデルであり、治療理論です。

その後、現在まで大きな発展を遂げています。詳しく記述するときりがありませんが、誤解を恐れず簡潔に述べると以下のようになります。

blog8_ph01

人間は、自分の本当の気持ちをごまかしてしまって、気づいていないことがあります。そのために「心の病い」に陥ったりします。

そこを「無意識」の領域と言いますが、
そこに気づいて、ごまかさずに向きあってゆこうというアプローチをもつ治療法です。

気づきを得るために治療者との関係性を利用することもあります。気づいていない「心のくせ」に気づき、修正していこうとするとも言えます。

「自分らしくある」、「等身大の自分である」ように、お手伝いする方法という言い方もできると思います。

コラム(8)までで述べてきた「バランスを回復するために用いる」手段の一つです。

blog8_ph02



ページのトップへ